放置自転車を産業廃棄物として処分 - 横浜の放置自転車・処分ブログ

株式会社ゼロインターナショナル
2016年03月11日 [Default]

放置自転車を産業廃棄物として処分

ゼロ・インターナショナルでは、放置自転車を回収しておりますが、
産業廃棄物として処分し、マニフェストまたは電子マニフェスト(JWNET)の発行をし、提出しなくてはならない会社もあるかと思います。
その場合、1台800円+税と収集運搬料金を頂いて回収しております。
もちろんマニフェスト・電子マニフェスト(JWNET)の発行も対応しておりますので、ご安心ください。

産業廃棄物として処分される場合は、
まず、排出事業者(依頼される会社)と産業廃棄物収集運搬業者(ゼロ・インターナショナル)と産業廃棄物処分業者(処分先)の3社と業務契約を行います。
この契約書は、搬出事業者の契約書を産業廃棄物収集運搬業者と産業廃棄物処分業者に契約していただく形となります。
3社契約が結ばれて、初めて産業廃棄物として処分できるようになります。
産業廃棄物として処分される放置自転車は、もちろん輸出はできず、契約した産業廃棄物処分業の工場へと処分させて頂きます。
今現在、産業廃棄物として自転車を処分して頂いている会社は、
コインパーキング駐輪場を運営している管理会社、大学、大型のショッピングセンターなどの商業施設の管理会社などです。
鉄スクラップ工場の処分は、鉄の値段が下落しており、また自転車のタイヤがゴムでできていますので、タイヤを取らなければ買い取り不可となってしまいます。
なので、一台800円+税と収集運搬料金を出して産業廃棄物として出すのか、無料で有価物(輸出用自転車)として処分に出すのか選んでいただけたらと思います。


一台無料回収プランと一台300円+税のプランの違いは、保証オプションとなりますので、産業廃棄物とはまた違う話になります。
保証オプションのプランに関して説明しますと、
こちらの保証プランは、放置自転車の回収をし、その日から2週間保管しております。
その2週間の間に、所有者からの問い合わせの連絡があれば、ゼロ・インターナショナルがクレーム対応し、返却するか、処分するか、などの応対を取っているサービスです。
しかし2週間以内に所有者からの連絡がなければ、その保証プランの対象となる自転車は処分されますので、ご了承ください。
また2週間以上経ってからの所有者の問い合わせに関しては、まだ処分していないという場合もございますので、一度ゼロ・インターナショナルにご連絡して頂ければ対応できる可能性がございます。

このように、ゼロ・インターナショナルでは、産業廃棄物としても、輸出用自転車としても処分できますので、ご連絡ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る