放置自転車処分の手配|放置自転車・バイク回収撤去業者をお探しなら、株式会社ゼロインターナショナル<横浜・東京>

株式会社ゼロインターナショナル
質問

横浜の不動産を管理しています。放置自転車の処分に悩んでいます。どのように手配するべきでしょうか

現在横浜で不動産の管理をしていますが、前の住人のものなのか、持ち主が不明な自転車が数台放置されています。
現在の住人や今後入ってくる住人のスペースを確保するためにも放置自転車をなんとか処分したいのですが、どのように手配するべきでしょうか?
回答

当社で放置自転車の回収、撤去、処分を全て行います!

放置自転車は持ち主がわからないことが多く、対応に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
放置自転車は通常自身で手配する場合、以下の手順を踏む形となります。
・警察に連絡し盗難品でないかの確認
・盗難品でない場合は、自転車の情報を交通安全課に連絡する
・各区(または市)の方で撤去警告札を取り付ける
・警告札の取り付け後、規定の期間対象の自転車に対して、様子を見る
この後、状態に変わりがなければ放置自転車として、ようやく撤去、処分等の対象となります。
以上の点を踏まえても、時間や手続きに労力がかかってしまい、とても大変です。
当社では神奈川県および東京都の放置自転車の回収から撤去、処分までを1台からでも、無料でお引き受けしております。また、その後のクレーム対応、返却対応についても別途料金300円で、回収後2週間まで対応が可能です。
そのため依頼主様に労力をかけることなく、放置自転車問題を解決が可能となります。
また、当社では駐輪場の総合的な管理も行なっております。
放置自転車にお困りの場合はまずはお気軽にご相談くださいませ。

このページの先頭に戻る