横浜市の放置バイク撤去|放置自転車・バイク回収撤去業者をお探しなら、株式会社ゼロインターナショナル<横浜・東京>

株式会社ゼロインターナショナル
質問

横浜市の放置バイク撤去はどのように行われていますか?

横浜市内でアパート経営をしています。
最寄り駅の前にしばらくの間放置されたバイクが複数台かたまって置いてあり、気になっていたのですが、先日見ると全部なくなっていました。
一度になくなったことから、持ち主が引取に来たわけではなく撤去されたのだと思うのですが、こういう場合は誰が撤去するのですか?市が撤去するのでしょうか?
実はうちのアパートの駐輪場にも1台放置されたままのバイクがあり、さびています。
気になっているのですが、市に問い合わせれば対策してくれるのですか?
回答

撤去作業を行うのは行政の場合と業者の場合があります

横浜市では、鉄道各社の駅周辺を「自転車等放置禁止区域」に指定していて、区域内に放置されている自転車・バイクは発見され次第すぐに移動されてしまいます。標識などご覧になったこともあるのではないでしょうか。この場合は、自転車・50cc以下のバイクが移動の対象です。条例に基づき移動した自転車・バイクは保管場所で保管しています。
「自転車等放置禁止区域」外に放置された自転車や50cc以下のバイクも撤去対象になりますが、7日経ってから始めて撤去対象となり、手続きが進められるため、時間がかかってしまうのが現状です。
放置自転車撤去専門業者に依頼した場合、電話・Fax・メールですぐに申し込みが可能です。撤去までの流れとしては、依頼→持ち主への警告→14日後をめどに撤去、となります。業者への依頼も検討してみてください。

このページの先頭に戻る