横浜の放置バイク撤去ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の放置バイク撤去【ポイントとFAQ】

放置バイクの処分にお困りの方は、横浜の株式会社ゼロ・インターナショナルにお任せください。
横浜では急増する放置自転車にお困りの方も多いようですが、併せて放置バイクにお悩みの方も増えているようです。
自転車ならお店の前に置かれても、簡単に他の場所に移動することもできますが、重量があって鍵がかかっているバイクは、容易に移動することができません。
そもそもナンバープレートのついた立派な車両を、勝手に移動していいのか判断できない方の方が多いでしょう。

放置バイク撤去 横浜

そんな迷惑な放置バイクを、弊社では1台からでも無料で回収にお伺いし、正規な方法で撤去いたします。
毎回敷地内にバイクや自転車が置かれてお困りの方には、保証プランもご用意しており、この場合は有料にはなりますが、回収後のクレーム対応も弊社にて行わせていただきます。
なぜ無料で放置バイクや自転車を処分できるのか疑問をお持ちの方も多いようですが、弊社では回収したバイクや自転車を海外に輸出することで、撤去費用を無料にすることを実現しています。
皆様からのお問い合わせを、電話またはメールにてお待ちしております。
お急ぎの場合お電話一本いただければ、適切な対処方法をお教えいたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

01放置バイク撤去とは?

不動産オーナーさん、管理会社さん、商業施設の運営会社さんが意外と困っているのが、放置バイクです。
なぜ困っているのかというと、放置バイクというのは無断で撤去することが原則禁止されているからです。
基本的な放置バイク撤去の流れは、貼り紙などで一旦撤去の告知をする必要があります。
これをしないと、後々トラブルにつながる可能性があるので、絶対にやっておいた方がいいでしょう。
ここで貼り紙をすることで、実は放置バイクではなかったという判断ができるようになります。
大体、平均すると告知〜撤去までの期間は2週間となります。
これは、法律で定められているわけではないので、それ以下でも構いませんが、トラブル回避のためには、このくらいの期間を取ることをおすすめします。
適切な処置をすれば、放置バイクは撤去できます。
告知をするだけでも、放置バイクは減ったりするので、ぜひ一度試してみると良いでしょう。

02放置バイク撤去が初めての方へ

放置バイクの撤去には、排気量と放置場所によって対応が異なります。
まず、排気量についてですが、50cc以下のバイクとそれ以上でできることが変わってきます。
基本的には、50cc以下のバイクで、公共の場所(駅、道路、歩道など)に放置されているものに関しては、市で警告した後に撤去の作業を行います。
一方、50cc以上のものの場合は、基本的には条例の範囲外となるので、自治体ではなく警察の取り締まりの範囲となります。
50cc以下のバイクでも、放置場所が私有地の場合は、自治体は撤去できないので、私有地の管理者が撤去の手配をすることになります。
放置バイクに警告文を貼っておき、大体1週間〜2週間程度の猶予期間を設けます。
その際に、撤去の警告文を剥がしたり、持って帰ったりすればそれは持ち主がいるということであり、期間内に何もアクションがなければ撤去バイクと判断して、撤去することができます。
しかし、場合によっては盗難車として警察に被害届が出ている可能性もあるので、撤去後すぐに処分するのではなく、事前に警察に照合を依頼するなどの必要もあります。
放置バイク撤去は、色々と複雑なルールがあるので、専門の業者に依頼した方が良い場合もあるので、一度相談してみると良いでしょう。

放置バイク撤去が初めての方へ

03放置バイク撤去をスムーズにする3つのポイント

放置バイクや放置自転車などがあると、すぐに処分したくなるものですが、法律上所有権は放置した人にあります。
明らかに放置されているものでも、勝手に撤去や処分してしまうと、後でトラブルになる可能性があるので気をつけましょう。
本日は、放置バイクをスムーズに撤去するための3つのポイントをご紹介します。

1.ちゃんと告知しよう
放置バイクを撤去する場合、事前の告知をしておくことが重要です。
告知なしに勝手に撤去すると、後でクレームなどにつながる可能性があるからです。
チラシをそれぞれのバイクに入れたり、看板をつけるなどすると効果的です。

2.警察にも相談しよう
これは個人がやると大変なのですが、場合によっては盗難車両の可能性もあります。
なのでできるだけ警察に相談して、指示を仰ぐようにしましょう。

3.所有者を調べちゃおう
車体番号などがわかれば、所有者を調べることが可能です。
しかし、かなり機密性の高い情報なので、そう簡単に教えてもらうことはできません。
なので、正当な理由をちゃんと証拠と一緒に用意しておくと良いでしょう。

04横浜における放置バイク撤去の種類

放置バイクの対処法の種類を見ていきましょう。
まず注意しなくてはならないのが、放置バイクを発見してもすぐに処分できない点です。自己判断で廃棄や売却などをしてしまうと、違法行為に該当してしまいます。なぜなら、たとえ放置バイクであっても所有権は持ち主にあるため、勝手に処分してしまうと、その所有権を侵害したことになってしまうのです。

対処法その1は、警察に連絡することです。万一放置に盗難車や犯罪行為に使われたなどの事件性があれば、警察が適切に処理してくれます。しかし、所有者不明の放置バイクの場合は所有者の捜索などはしてくれません。

対処法その2は、撤去専門業者への依頼です。2週間から4週間ほど警告文を貼り付け撤去する旨を告知した後、専門業者に引き取りを依頼します。専門業者であれば関連する法律や条例を熟知しているので、それを利用し、依頼者の不利益につながらない形で撤去を行ってくれます。

放置バイクは一見簡単に処理できると感じがちですが、正規の手順を踏むことが意外と難しい案件です。個人での対処もできなくはありませんが、手間もリスクも大きいです。業者への相談が賢い方法だと言えます。

05放置バイク撤去に対応エリアの制限なし

放置バイク撤去に対応エリアの制限はありません。全国各地で放置バイク撤去の専門業者が活躍しています。
実際にバイクの撤去を行う関係上、あまり遠方の業者には依頼できません。できるだけ、お住いの近くの業者に相談することをおすすめします。
近年では、放置バイク撤去専門業者でもホームページを開設している業者が増えてきました。撤去の際の必要書類、事前に準備すべきこと、撤去のプロセスなどが掲載されています。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。
ただ単に放置されているバイクをどかせばいいというわけではないのが、撤去作業の難しい点です。素人感覚でことを始めてしまうと、逆にあなたが訴えられかねません。
正規の手順を踏める専門業者に任せることが、最善の策と言えます。
最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。価格だけを見るのではなく、アフターサービスの質などもチェックしてみましょう。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

FAQ一覧

このページの先頭に戻る