横浜の放置バイク撤去ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の放置バイク撤去【ポイントとFAQ】

放置バイクの処分にお困りの方は、横浜の株式会社ゼロ・インターナショナルにお任せください。
横浜では急増する放置自転車にお困りの方も多いようですが、併せて放置バイクにお悩みの方も増えているようです。
自転車ならお店の前に置かれても、簡単に他の場所に移動することもできますが、重量があって鍵がかかっているバイクは、容易に移動することができません。
そもそもナンバープレートのついた立派な車両を、勝手に移動していいのか判断できない方の方が多いでしょう。

放置バイク撤去 横浜

そんな迷惑な放置バイクを、弊社では1台からでも無料で回収にお伺いし、正規な方法で撤去いたします。
毎回敷地内にバイクや自転車が置かれてお困りの方には、保証プランもご用意しており、この場合は有料にはなりますが、回収後のクレーム対応も弊社にて行わせていただきます。
なぜ無料で放置バイクや自転車を処分できるのか疑問をお持ちの方も多いようですが、弊社では回収したバイクや自転車を海外に輸出することで、撤去費用を無料にすることを実現しています。
皆様からのお問い合わせを、電話またはメールにてお待ちしております。
お急ぎの場合お電話一本いただければ、適切な対処方法をお教えいたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。

01放置バイク撤去とは?

不動産オーナーさん、管理会社さん、商業施設の運営会社さんが意外と困っているのが、放置バイクです。
なぜ困っているのかというと、放置バイクというのは無断で撤去することが原則禁止されているからです。
基本的な放置バイク撤去の流れは、貼り紙などで一旦撤去の告知をする必要があります。
これをしないと、後々トラブルにつながる可能性があるので、絶対にやっておいた方がいいでしょう。
ここで貼り紙をすることで、実は放置バイクではなかったという判断ができるようになります。
大体、平均すると告知〜撤去までの期間は2週間となります。
これは、法律で定められているわけではないので、それ以下でも構いませんが、トラブル回避のためには、このくらいの期間を取ることをおすすめします。
適切な処置をすれば、放置バイクは撤去できます。
告知をするだけでも、放置バイクは減ったりするので、ぜひ一度試してみると良いでしょう。

02放置バイク撤去が初めての方へ

放置バイクの撤去には、排気量と放置場所によって対応が異なります。
まず、排気量についてですが、50cc以下のバイクとそれ以上でできることが変わってきます。
基本的には、50cc以下のバイクで、公共の場所(駅、道路、歩道など)に放置されているものに関しては、市で警告した後に撤去の作業を行います。
一方、50cc以上のものの場合は、基本的には条例の範囲外となるので、自治体ではなく警察の取り締まりの範囲となります。
50cc以下のバイクでも、放置場所が私有地の場合は、自治体は撤去できないので、私有地の管理者が撤去の手配をすることになります。
放置バイクに警告文を貼っておき、大体1週間〜2週間程度の猶予期間を設けます。
その際に、撤去の警告文を剥がしたり、持って帰ったりすればそれは持ち主がいるということであり、期間内に何もアクションがなければ撤去バイクと判断して、撤去することができます。
しかし、場合によっては盗難車として警察に被害届が出ている可能性もあるので、撤去後すぐに処分するのではなく、事前に警察に照合を依頼するなどの必要もあります。
放置バイク撤去は、色々と複雑なルールがあるので、専門の業者に依頼した方が良い場合もあるので、一度相談してみると良いでしょう。

放置バイク撤去が初めての方へ

03放置バイク撤去をスムーズにする3つのポイント

放置バイクや放置自転車などがあると、すぐに処分したくなるものですが、法律上所有権は放置した人にあります。
明らかに放置されているものでも、勝手に撤去や処分してしまうと、後でトラブルになる可能性があるので気をつけましょう。
本日は、放置バイクをスムーズに撤去するための3つのポイントをご紹介します。

1.ちゃんと告知しよう
放置バイクを撤去する場合、事前の告知をしておくことが重要です。
告知なしに勝手に撤去すると、後でクレームなどにつながる可能性があるからです。
チラシをそれぞれのバイクに入れたり、看板をつけるなどすると効果的です。

2.警察にも相談しよう
これは個人がやると大変なのですが、場合によっては盗難車両の可能性もあります。
なのでできるだけ警察に相談して、指示を仰ぐようにしましょう。

3.所有者を調べちゃおう
車体番号などがわかれば、所有者を調べることが可能です。
しかし、かなり機密性の高い情報なので、そう簡単に教えてもらうことはできません。
なので、正当な理由をちゃんと証拠と一緒に用意しておくと良いでしょう。

04横浜における放置バイク撤去の種類

放置バイクの対処法の種類を見ていきましょう。
まず注意しなくてはならないのが、放置バイクを発見してもすぐに処分できない点です。自己判断で廃棄や売却などをしてしまうと、違法行為に該当してしまいます。なぜなら、たとえ放置バイクであっても所有権は持ち主にあるため、勝手に処分してしまうと、その所有権を侵害したことになってしまうのです。
対処法その1は、警察に連絡することです。万一放置に盗難車や犯罪行為に使われたなどの事件性があれば、警察が適切に処理してくれます。しかし、所有者不明の放置バイクの場合は所有者の捜索などはしてくれません。

対処法その2は、撤去専門業者への依頼です。2週間から4週間ほど警告文を貼り付け撤去する旨を告知した後、専門業者に引き取りを依頼します。専門業者であれば関連する法律や条例を熟知しているので、それを利用し、依頼者の不利益につながらない形で撤去を行ってくれます。

放置バイクは一見簡単に処理できると感じがちですが、正規の手順を踏むことが意外と難しい案件です。個人での対処もできなくはありませんが、手間もリスクも大きいです。業者への相談が賢い方法だと言えます。

05放置バイク撤去に対応エリアの制限なし

放置バイク撤去に対応エリアの制限はありません。全国各地で放置バイク撤去の専門業者が活躍しています。
実際にバイクの撤去を行う関係上、あまり遠方の業者には依頼できません。できるだけ、お住いの近くの業者に相談することをおすすめします。
近年では、放置バイク撤去専門業者でもホームページを開設している業者が増えてきました。撤去の際の必要書類、事前に準備すべきこと、撤去のプロセスなどが掲載されています。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。
ただ単に放置されているバイクをどかせばいいというわけではないのが、撤去作業の難しい点です。素人感覚でことを始めてしまうと、逆にあなたが訴えられかねません。
正規の手順を踏める専門業者に任せることが、最善の策と言えます。
最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。価格だけを見るのではなく、アフターサービスの質などもチェックしてみましょう。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

06横浜で放置バイクの撤去を依頼する際の費用の目安

自宅や店舗の前に放置バイクがあると、交通の邪魔になりますし、何かあった際に対処ができないので不安です。こういった放置されたものはできるだけ早く撤去したいものですが、財産権の観点から勝手に動かすことができないのが現状です。
放置バイクに対しては、放置の状況の周知と、撤去を明示した警告と猶予期間、然るべき手順に沿った撤去と踏むべきステップがいくつか存在するのです。これを怠ってしまうと、本来放置案件の被害者であったはずの方が、盗難の加害者になりかねないのです。

横浜で放置バイクの撤去を依頼する際の費用の目安

これは素人判断で進めてはいけません。できる限り行政やプロの力を借りましょう。
放置バイク撤去専門業者は、こうした放置物件を扱うプロです。例え時間がかかったとしても安全な方法で撤去を完了してくれます。
気になる費用ですが、業者によってまちまちです。とはいえ、業者が開設しているホームページ上で、費用や撤去の手順は公開されています。こちらを参考にして、撤去を依頼しましょう。
近所に複数の業者が存在する場合には、見積もりを入手して比べてみるのも、うまく事態を収拾する賢い方法と言えます。

07横浜市で放置バイクを撤去する際の3つのポイント

01ちょっと待って、そのバイクの撤去。

自宅前に長期間止めてあるバイク。これは邪魔ですね。ガソリンも入っているでしょうし、万一発火などしたらたまったものではありません。はやくどかしてしまいたいのが人情ですが、ちょっと待ってください。こういったバイクを勝手に動かしてしまうと、盗難や器物破損の容疑がかけられてしまうのです。

02違法ではない撤去方法とは。

放置バイク撤去の際は、持ち主に伝わるような形で(伝わるよう努力したことが見える形で)警告を一定期間掲示する必要があります。また通報に関しても警察と役所といくつかのステップを踏まなくてはなりません。個人で行うには少しリスクの高い行為と言えます。

03最適な業者を選びましょう。

そんな時に頼りになるのが、放置バイク撤去を専門に行う業者です。豊富な経験から依頼者側に不利にならないよう細心の注意をもって対処してくれます。役所が関わる以上、全ておまかせとは行かずいくつかのポイントは依頼者自身で申請などを行う必要がありますが、その際も丁寧なアドバイスを期待できます。 

08横浜市の放置バイク撤去で他社との違いとは?

普通に生活しているとあまり馴染みがないかもしれませんが、デパートや駅などで放置されているバイクや自転車がどうなっているか、あなたはご存知ですか?
実は放置バイクや自転車は、ちゃんと撤去する業者があるのです。
当社もその1つですが、数ある放置バイク撤去の業者の中で、当社が他社と違い、意識していることがあります。
それは、回収だけではなく、放置されている粗大ゴミも一緒に回収させていただくということです。
そもそも、放置バイクや自転車も粗大ゴミとしてカウントするのですが、ひどいところになると、冷蔵庫などが放置されているというケースもあります。
このような場合、処分するだけも費用がかかってしまい、そもそも自分のゴミならまだしも、全く知らない、しかも不法投棄するような人のゴミを有料で処分しなければなりません。
そういったストレスを軽減するために、当社は放置車両だけではなく、粗大ゴミを回収させていただきます。
その点が、他社との大きな違いとなるでしょう。

09横浜市で放置バイクを撤去する際の相談事例

横浜市で放置バイクを撤去する際の相談事例

放置バイクの問題は、公共交通機関の駅やターミナルなど、交通の要所の近辺で発生する典型的な問題と言えます。しかし、いくら放置されているとは言え、バイクはあくまでも個人の所有物です。対応を間違えると窃盗罪で訴えられかねません。それ故にどうやって放置バイクを撤去したらいいのかよくわからないという相談が多く寄せられています。
今回は専門業者を使った撤去ステップを解説しましょう。
自宅近くで放置バイクを発見した際には、まず放置バイク撤去専門業者に連絡を取り、事情の相談をします。その際、撤去のスケジュールを決めてしまいましょう。
専門業者は所有者からの訴えや言いがかりを可能な限り避けるノウハウを有しています。まず手を付けるべきは、放置バイク所有者へのアピールです。「このバイクは公道もしくは私道を長期間専有している旨」「期限を決めて撤去する旨」を明記し、バイクに貼り付けます。所有者からのリアクションを待っている間にナンバーや製造番号などを控え、自治体に報告します。これらの文面は全て専門業者がフォームとして保有しているので、適宜利用し、手続き・処分をスムーズに進めることができるのです。

10横浜市で放置バイク対策を検討する際によくある3つの質問

放置バイク対策を検討する際によく出る、3つの質問に回答しましょう。
質問 放置バイクの撤去はどうして難しいのですか?
回答 放置されているバイクとはいえ、それには所有者がいて、財産権が法律で保証されています。所有者の許可を得ずに放置バイクを移動・撤去した場合、いくら邪魔だったとしても、所有者の権利を侵害したとして、撤去者が逆に罰せられてしまうのです。よって、移動・撤去は慎重に進める必要があります。
質問 どうやって撤去すればいいのですか?
回答 放置バイクの所有者を特定すること・多くの人が認める形で違法放置であることを周知徹底すること・所有者に向け撤去の意思を示すことの3点が重要です。こうしたノウハウは放置バイク対策専門業者が豊富に持っています。
質問 撤去は自力でできますか?
回答 上述の通り、撤去に関してはプロセスをきちんと踏まないと反対に所有者から訴えられかねません。まずは専門業者にコンタクトを取り、どういった対応が可能かご相談されることをおすすめします。いくら邪魔だと言っても、早急な行動は命取りなので注意が必要です。

11横浜市で放置バイク撤去に関する業者選びをする際の注意

POINT 放置バイクの撤去は、なかなか対処が難しいものです。いくら放置されているバイクと言っても、そのバイクの所有者には財産権があり、この財産権は他社がおいそれと干渉できるものではありません。警察も同様です。駐停車禁止禁止区域など、予め指定されている場所からの撤去は問題なく行えるのですが、公道に放置された物は軽々とは動かせないのです。
こうした場合、専門業者に頼んで撤去の手助けをしてもらいます。業者選定の際には実績と知見に基づいて決定しましょう。
ホームページ上に撤去の手順について詳しく書かれているようであれば、信頼できる業者と言えます。撤去までの準備から実際の移設までには長い時間と手間がかかります。ぜひ親身になってくれる業者を見つけましょう。
実際の撤去にあたっては目立つように「不法に放置されている旨」「期限を区切り移転する旨」を書いて貼ることなど用意周到な準備が必要ですし、後から言いがかりをつけられないよう、「やることは全てやった」といった理論武装も必要です。業者とともに一歩一歩進めていく意識が重要です。

12横浜市で放置バイク撤去を依頼する際に使える業界用語

告知作業

放置バイクの撤去作業の中で一番重要なのが、告知作業です。告知作業を十分に行い、所有者に対し財産権の侵害を犯すつもりはないことをきちんと告知しなければ、盗難扱いとなってしまい、逆に紛争の加害者となってしまうのです。ここは注意しなければなりません。
放置バイクの扱いに長けた専門業者であれば、時間はかかりますが、きちんとステップを踏み、所有者の権利を侵さないよう、迷惑を被っている依頼者のために働いてくれます。
実際の業務としては、張り紙による告知、警察への通知、行政への通知が同時に行われます。このとき、行政側はすぐには対応してはくれません。行政と言えど、財産権は根拠が何もない状態では否定はできないのです。一定の通知期間中、ナンバープレートや車体番号をもとに所有者の確定と追跡を行い、撤去要請を伝え、それでも反応がなかった場合、初めて動かすことができるのです。
こうした項目の中でも必要書類は次々に出てきます。専門業者のフォローのもと慎重に進めることでトラブルを回避し、放置バイクの撤去が可能になるのです。

FAQ一覧

お役立ち情報

放置バイクはどのように対応すれば良いの?
展開
お店に放置バイクをとめられて困っている方より、対処法を質問されてその答えが書かれています。
警察に連絡するメリットなども書かれているので、放置バイクや自転車でお困りの方は参考にしてください。
詳細情報
商店街に放置されたバイクはどうすれば良いの?
展開
商店街にバイクが放置されて困っている方より、どのように対処すれば良いかという質問に答える内容となっています。自治体や警察に頼ることなく問題を解決できる方法が書かれているので、放置バイクで困っている方は参考にしてください。
詳細情報
放置バイクは勝手に撤去して良いの?
展開
自分の敷地内に置かれた放置バイクをどのように撤去すれば良いかが分かる内容になっています。
最近では放置自転車の他にも放置バイクでお困りの方も増えているようなので、ぜひ参考にしてみてください。
詳細情報
放置バイクを撤去する手順とは
展開
所有しているマンションの知識内に放置されているバイクの撤去手順について解説しています。
放置バイクを自分で撤去する際にやってはいけないことも書かれているので、マンションオーナーなどにも参考になると思います。
詳細情報

PageTop

Copyright(C) 株式会社ゼロインターナショナル All Right Reserved.