横浜の放置自転車処分ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の放置自転車処分【ポイントとFAQ】

管理物件やお店に置かれた放置自転車でお困りの方は、株式会社ゼロ・インターナショナルをご利用ください。
当社は管理会社、不動産会社、商業施設専門の放置自転車回収業者です。
これまで1000社以上の企業、店舗様とのお取引実績があり、駐輪場のサポート作業や、コーンパーキングの管理システムにも携わってきました。
横浜市内にはたくさんの自転車が放置されていて、お困りの事業主様が年々増えている状況です。

放置自転車処分 横浜

当社では、1台からでも無料で迷惑な放置自転車を回収いたします。
所有するアパートやマンションの駐車場や駐輪場に、契約していない自転車をたくさん放置されて、スペースを奪われて住人様からのクレームでお困りのオーナー様や管理会社様も増えています。
当社では、駐車場などに放置されている粗大ごみなどの回収にも、お安く対応しております。
放置自転車で困っているけど、勝手に移動や処分をしていいか分からないという方も多いようですが、対処法も含めて放置自転車の専門家である当社に安心してお任せください。
たくさん置かれた自転車の処分の方法を知りたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。
状況に合わせた対処法を、お電話口やメールなどできちんとお伝えいたします。

01放置自転車の処分方法とは

最近では放置自転車で迷惑をこうむっている人が増えていて問題になっていますが、駐車場やアパートやマンションなどの自分の敷地内に放置自転車があっても、どうやってそれを処分すればいいのか困っている方も増えています。
自分の土地に自転車を放置されたのだから、自由に処分してもいいと思う方も少なくないと思いますが、それをしたことにより後から所有者が現れてトラブルになるというケースも多くみられています。
放置自転車が自分の土地に置かれた場合は、まずは撤去するという通知を行いましょう。所有者はもちろん特定できませんので、自転車に「処分予告書」などと表記して、いつまでに引き取りにこなければ撤去しますなどと「撤去期限」と記載しましょう。
放置自転車を撮影しておくことも大事なポイントです。撤去期限を過ぎても持ち主が現れない場合は、一応警察へ連絡することをおすすめします。
自分の土地に置かれた自転車を警察が処分してくれることはありませんが、盗難届が出ていれば対処してもらうことができます。
どうやって放置自転車を処分すればいいか分からない場合は、放置自転車の撤去を専門に行っている業者がありますので、そこに依頼すれば面倒な撤去通知や自転車の撮影なども全て代行してもらえます。

02初めて放置自転車を処分してもらうときの流れ

自分が所有しているアパートやマンションなどの私有地に長い間見覚えのない自転車が放置されていて対処の仕方が分からないという方もたくさんおられると思います。そんなときには、まずは警察へ連絡することをおすすめします。
放置されている自転車は、持ち主が意図的にそうしているのではなく、盗難車である可能性も低くはありません。
盗難被害が出ている場合は、警察に連絡して確認してもらうことで、警察に回収してもらうことができます。その場合は、その後の手続きも全て任せることができるので、連絡した人からすれば最も嬉しい解決策です。
ただし、盗難届が出されていなくて、自転車の持ち主が分からない場合は、警察は民事不介入の原則から放置自転車に対して何の対処もしてくれないので、土地の所有者や管理者がなんとかしなくてはいけません。
マンションなどの前の道路などにかかっている場合は、自治体が独自に定めた条例で処分してもらえることがあります。
それにも当てはまらない場合は、自分で処分するしか方法はなく、自転車の回収業者に依頼することをおすすめします。そうすることで処分までの手はずを全て任せることができます。

初めて放置自転車を処分してもらうときの流れ

03放置自転車に関して良くある3つの悩み

1.買い物などで自転車を道路にとめると放置自転車になる
「自転車等駐車場以外の場所に置かれている自転車等であって、当該自転車等の利用者が当該自転車等を離れて直ちに移動することができない状態にあるものをいう」が放置自転車の定義です。
したがって、この条件に当てはまると買い物で利用した自転車も放置自転車扱いとなり、場合によっては撤去されてしまうこともあるのが現実です。

2.放置自転車が撤去される理由は
一昔前はみんな普通に道路に自転車を置いていたのに、最近は放置自転車と呼ばれて撤去されてしまうこともあると不満に思っている方も少なくないようです。
ただし、本来道路などの公共の場は、自転車やバイクなどを駐車する場所ではなく、それらは車いすの使用者や目の不自由な方などの走行を妨げる費用に危険な障害物となります。
また、災害時に放置自転車のせいで救急車が通れなくて、人の命に係わる事態を引き起こすこともあります。

3.マンションの敷地内ある放置自転車は道路に出して良い?
放置自転車の被害に逢っても、自転車を道路に出す行為は道路法及び道路交通法に違反するため、そのような行為は絶対にしてはいけません。

04自転車を処分する方法を種類ごとに紹介

自転車を処分する方法を種類ごとに紹介

放置自転車は、道路を塞いで救急車などの邪魔になることもあり、その他にもいろいろなことに対して邪魔になり多くの人に面枠もかけてしまうため、いかなる理由があっても自転車を違法に放置することはしてはいけません。
不要な自転車があれば、以下に紹介する方法でしっかり処分してください。
不要な自転車を処分する方法の1つには粗大ごみで処分する方法があります。自転車は指定のゴミ袋には入らない金属でできている粗大ごみに分類されるため、個別収集か持ち込み処分のいずれかの方法で、各地域のやり方にしたがって処分してください。
自転車を不用品回収業者に依頼して処分してもらう方法もあります。この場合は市区町村のサービスを利用するよりも料金が高くなる可能性が高いですが、自分の手をわずらわせることなく、全てを業者に任せにできるメリットがあります。
自転車販売店でも自転車を処分できる場合があります。買い替えする場合は無料で処分してもらえたり、場合によっては1,000円程度で引き取ってもらえたりすることもあります。
まだ使用できる自転車なら、リサイクルショップなどの買取店を利用したり、誰か欲しい人を探して譲るという方法もあります。

05神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県などで放置自転車処分に対応

横浜を中心に神奈川全域、東京などでも放置自転車の回収や処分を行っています。
江戸時代の後期から開港のまちとして世界の国々と交流する重要な機能を果たしてきたのが港町「横浜」です。
横浜で最も有名な横浜中華街やみなとみらいには、現在でも多くの外国人観光客がやってきて、街の至る所には横浜の歴史を感じられる伝統的な建造物が残されていて、それに魅了されて国内からもたくさんの観光客が連日訪れています。
横浜には他の街にはない独特な雰囲気があり、外国文化と日本文化が上手くミックスしたお洒落感に惹かれて横浜に移住してくる人もたくさんいます。
横浜には魅力的な観光スポットがたくさんありますが、ショッピングやグルメなど、さまざまな楽しみ方ができるエリアが満載です。一日で横浜の全部を回って楽しむことは難しいですが、比較的人気スポットが集中しているので、事前に要所を抑えて行動すれば十分に横浜を満喫できるようになっています。
横浜の魅力として東京から近いことが挙げられます。電車を使って30分程度で行き来できるので、地方から訪れた方は東京と横浜の両方を短期間で楽しむことが可能です。

06放置自転車を処分する場合にかかる費用はどのくらい?

放置自転車を処分するには、ゴミとして自分で廃棄する、スクラップ業者に引き取ってもらう、自治体のサービスを利用する、専門業者に依頼するなどいろいろな方法があります。
放置自転車を処分する場合に注意しなくてはいけないのは、防犯登録を抹消することで、これは自分の自転車を廃棄するときには大事になります。なぜなら、自転車を手放したことによりその自転車によって問題が起きたときには、防犯登録をした人の責任になってしまうからです。

放置自転車を処分する場合にかかる費用はどのくらい?

そもそも誰のものか分からない自転車を勝手に処分することはできないので、確実にゴミと確認したうえで自転車を処分しなくてはいけません。
自転車はゴミの日に家の前に出して処分してもらうわけにはいかないため、自治体に引き取ってもらうためには、最寄りの粗大ごみ受付センターへ連絡をして、その後は有料粗大ごみ処理券をコンビニなどで購入して、きちんと手続きをしたうえで処分してもらわなくてはいけません。一般的な自転車だと200〜600円程度、電動自転車なら1,000円程度の費用がかかります。
放置自転車を処分するのにお金がかけたくない場合は、専門業者に依頼すれば無料で処分してもらえることもあるので、それが最もおすすめの方法だと思います。

07放置自転車を処分するときに覚えておいた方が良い3つのポイント

01勝手に処分するとトラブルになることも

長く放置されて所有者が分からない自転車だからといって、他人が勝手に放置自転車を処分してしまうことは危険です。
処分した後にそのことが自転車の所有者に知られて、クレームがきて大きなトラブルに発展したケースも実際にあるそうです。
そのため、放置自転車を撤去したり処分したりする際には、適切な対処が必要となるのです。

02事前に撤去通知の定時をしよう

自分が管理しているマンションやアパートなどの敷地に見知らぬ自転車が長く放置されている場合などは、撤去を行うことを掲示板に貼りだしたりポスティングしたりするなどして通知してください。
そのときには必ず撤去期限を定めるようにして、入居者全員に通知するのがポイントとなります。
通知をしたことの証拠を残すことも大事で、撤去通知を貼りだしたことなどを撮影しておくのが良い方法です。

03自転車を処分する前には警察に連絡しよう

私有地に放置自転車ある場合は警察に連絡しても警察が自転車を何とかしてくれるわけではありませんが、対象の自転車が盗難車だった場合は対応してもらえます。
また、警察が対処方法の相談に乗ってくれたり、対処方法を指導してくれたりすることもあります。後々のトラブルを回避するためにも、警察へ連絡を入れておくことがポイントです。

08放置自転車の処分を依頼する業者の選び方とは

放置自転車だから勝手に処分しても良いということはないため、放置自転車の処分を任せる業者は、そのことも丁寧に教えてくれるところを選択することをおすすめします。
放置自転車は場合によっては警察が撤去してくれることもあるので、そのようなこともしっかりアドバイスしてくれる業者であれば安心です。
基本的に私有地に放置されている自転車に関して警察は関与できないことになっていますが、それが盗難車である場合は話が別です。盗難された自転車だと分かれば、警察が無料で私有地から対象物を運び出してくれるので、わざわざお金を払って業者に依頼する必要もなくなります。
盗難車でない場合でも、無料で放置自転車を撤去してくれる業者もあります。お金を掛けない放置自転車を運び出して欲しい場合はそのような業者を探して依頼しましょう。横浜でも無料で放置自転車を撤去してくれる業者はあります。
また、放置自転車はいきなり撤去するのではなく、所有者の撤去することを通知するなどの手続きを踏まなくてはいけないので、その点についてしっかり教えてくれて対処してもらえる業者に依頼しましょう。

09処分の仕方に関することでよくある相談

処分の仕方に関することでよくある相談

マンションなどのオーナー様などからされる相談の中には、敷地内に放置されている自転車の処分の仕方に加えて、所有する自転車を無料で処分する方法などがあります。
まず、マンションの敷地内に放置されている持ち主不明の自転車は、最初に警察に連絡してください。その理由は、無断で処分してしまうと後でトラブルになる可能性があるからです。
また、警察へ連絡すれば持ち主を調査してもらえて、もしそれが判明した場合は警察が自転車を運び出してくれます。
持ち主が不明な場合、警察はそれ以上関与してくれないので、自分で専門業者などを呼んで対処するしかありません。その場合は必ず一定期間荷札などで処分の勧告をしたうえで処分しなくてはいけません。
自分で所有する自転車を無料で処分したいなら、必ず処分前に防犯登録の抹消手続きを行ってください、登録を抹消しないで他の誰かにわたった場合、もしもそれが犯罪などに使用されたらトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
たとえ粗大ごみに捨てる場合でも、その後に誰かに盗まれて悪用されることもあるので、手続きを怠ってはいけません。
登録抹消をした後は、リサイクルショップなどの買取店や自転車の販売店に持ち込めば、お金に替えてもらえるかもしれません。

10多く寄せられる3つの質問

質問 放置自転車とはどんな自転車を指しますか?
回答 放置自転車とは、駐輪場などの指定以外の公共的な場所に置かれている自転車で、利用者がそこから離れることで移動することができない状態の自転車を指します。
すぐに戻ってくるから放置自転車ではないと思っている方も少なくないようですが、わずか数分でも買い物などのために自転車を公道上に置いてその場所を離れると、それは放置とみなされ、撤去の対象になってしまうので注意してください。
質問 短い間自転車を放置していて何が問題なの?
回答 たとえ短い時間でも、自転車を放置して動かせないときに、その場を救急車が通ったり、車いすや視覚障害の方が通ったりすると、それは非常に迷惑な障害物となります。
また、放置自転車のせいで大事故につながったという事例は全国各地で確認されています。軽い気持ちで自転車を放置すると、多くの人に迷惑をかけるという自覚を、自転車の所有者はもたなくてはいけません。
質問 撤去された放置自転車はどうなるの?
回答 誰が放置自転車を撤去したかによって異なりますが、市区町村で撤去した自転車は指定の保管所で管理されることになります。
所有者が確認された場合はお知らせが届くこともありますが、撤去されてから一定の時間が経って、持ち主が引取りに現れなければ廃棄処分などになるので注意が必要です。

11業者選びの注意点

POINT 自分の家の敷地内や所有しているアパートやマンションなどに放置されている自転車でお困りの方も最近では多くなっているようです。特に横浜では放置自転車の数が年々増えていて、放置自転車のせいで商売に支障をきたしているような方も多いと言われています。
放置自転車をどうにかしたいなら、警察へ連絡すれば良いのでは?と考える方もいると思いますが、警察は個人の敷地内に放置されている自転車には関与してくれないので、頼りにできません。ただし、それが盗難車である場合は撤去してもらうことができるので、まずは警察や連絡してみましょう。
警察に関与してもらえない場合は、自治体に頼るという方法もあります。自治体の指定の場所へ持ち込めば、費用は掛かりますが処分することができます。
長く放置されている自転車なら、粗大ごみにするという方法もあります。こちらも費用は掛かりますが、粗大ごみの回収業者に連絡すれば、当日でも撤去してもらうことが可能となっています。
本当に放置自転車かどうか不明な場合は、放置自転車を専門に取り扱っている業者を利用することがおすすめで、そうすることでしっかり手順を踏んで敷地内から自転車を撤去してもらうことができます。そうすれば、無料で処分してもらえるケースもあります。

12自転車放置禁止区域とは

一昔前なら、路上に無料で自由に自転車をとめて買い物などを行うことができていましたが、現在では駐輪された自転車が邪魔になる機会が多くなり、そのせいでいろいろ事故や不都合も起きていることから、勝手に自転車をとめられる場所はかなり少なくなっています。
街中には駐輪場もたくさんつくられて、自動車を駐車するのと同じように、決められたお金を払って自転車をとめなくてはいけないことになっています。
「自転車放置禁止区域」とは、その字の通りに勝手に自転車を放置してはいけない区域のことで、生活環境や交通の円滑化を阻外される場所のことです。
市町村ごとに自転車放置禁止区域が定められているので、自転車で買い物などにお手掛けの際には、駐輪場の場所も事前に確認して、トラブルを起こさないように気をつけましょう。
放置自転車は、自転車駐車場以外の場所に置かれていて、所有者が直ちに移動できない状態を指しています。
軽い気持ちで自転車を放置すると、それが救急車の通行を妨害することになり、人の命を奪ってしまうことにもなりかねません。
そのような事態にもなることをきちんと考えて、絶対に自転車を放置しないようにしてください。

FAQ一覧

お役立ち情報

放置自転車が自分の気づかないところでも迷惑になっている可能性が高いことが分かる内容となっています。
展開
1台の自転車が、間接的に多くの人たちに嫌な想いをさせることについても紹介しています。
詳細情報
放置自転車が社会問題となっていますが、どうして最近になって放置自転車が増えているかについて理由が書かれています。
展開
放置自転車で困っていて対策が必要な方などには、参考になる内容だと思います。
詳細情報
横浜市で放置自転車が多くなっている原因や、放置自転車が増えることで市民にどのような影響があるのかが分かる内容となっています。
展開
これを読めば軽い気持ちで不当に自転車を駐輪してはいけないことがよく分かると思います。
詳細情報

PageTop

Copyright(C) 株式会社ゼロインターナショナル All Right Reserved.