横浜の放置自転車処分ならお任せ下さい。

株式会社ゼロインターナショナル

横浜の放置自転車処分【ポイントとFAQ】

管理物件やお店に置かれた放置自転車でお困りの方は、株式会社ゼロ・インターナショナルをご利用ください。
当社は管理会社、不動産会社、商業施設専門の放置自転車回収業者です。
これまで1000社以上の企業、店舗様とのお取引実績があり、駐輪場のサポート作業や、コーンパーキングの管理システムにも携わってきました。
横浜市内にはたくさんの自転車が放置されていて、お困りの事業主様が年々増えている状況です。

放置自転車処分 横浜

当社では、1台からでも無料で迷惑な放置自転車を回収いたします。
所有するアパートやマンションの駐車場や駐輪場に、契約していない自転車をたくさん放置されて、スペースを奪われて住人様からのクレームでお困りのオーナー様や管理会社様も増えています。
当社では、駐車場などに放置されている粗大ごみなどの回収にも、お安く対応しております。
放置自転車で困っているけど、勝手に移動や処分をしていいか分からないという方も多いようですが、対処法も含めて放置自転車の専門家である当社に安心してお任せください。
たくさん置かれた自転車の処分の方法を知りたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。
状況に合わせた対処法を、お電話口やメールなどできちんとお伝えいたします。

01放置自転車の処分方法とは

最近では放置自転車で迷惑をこうむっている人が増えていて問題になっていますが、駐車場やアパートやマンションなどの自分の敷地内に放置自転車があっても、どうやってそれを処分すればいいのか困っている方も増えています。
自分の土地に自転車を放置されたのだから、自由に処分してもいいと思う方も少なくないと思いますが、それをしたことにより後から所有者が現れてトラブルになるというケースも多くみられています。
放置自転車が自分の土地に置かれた場合は、まずは撤去するという通知を行いましょう。所有者はもちろん特定できませんので、自転車に「処分予告書」などと表記して、いつまでに引き取りにこなければ撤去しますなどと「撤去期限」と記載しましょう。
放置自転車を撮影しておくことも大事なポイントです。撤去期限を過ぎても持ち主が現れない場合は、一応警察へ連絡することをおすすめします。
自分の土地に置かれた自転車を警察が処分してくれることはありませんが、盗難届が出ていれば対処してもらうことができます。
どうやって放置自転車を処分すればいいか分からない場合は、放置自転車の撤去を専門に行っている業者がありますので、そこに依頼すれば面倒な撤去通知や自転車の撮影なども全て代行してもらえます。

02初めて放置自転車を処分してもらうときの流れ

自分が所有しているアパートやマンションなどの私有地に長い間見覚えのない自転車が放置されていて対処の仕方が分からないという方もたくさんおられると思います。そんなときには、まずは警察へ連絡することをおすすめします。
放置されている自転車は、持ち主が意図的にそうしているのではなく、盗難車である可能性も低くはありません。
盗難被害が出ている場合は、警察に連絡して確認してもらうことで、警察に回収してもらうことができます。その場合は、その後の手続きも全て任せることができるので、連絡した人からすれば最も嬉しい解決策です。
ただし、盗難届が出されていなくて、自転車の持ち主が分からない場合は、警察は民事不介入の原則から放置自転車に対して何の対処もしてくれないので、土地の所有者や管理者がなんとかしなくてはいけません。
マンションなどの前の道路などにかかっている場合は、自治体が独自に定めた条例で処分してもらえることがあります。
それにも当てはまらない場合は、自分で処分するしか方法はなく、自転車の回収業者に依頼することをおすすめします。そうすることで処分までの手はずを全て任せることができます。

初めて放置自転車を処分してもらうときの流れ

03放置自転車に関して良くある3つの悩み

1.買い物などで自転車を道路にとめると放置自転車になる
「自転車等駐車場以外の場所に置かれている自転車等であって、当該自転車等の利用者が当該自転車等を離れて直ちに移動することができない状態にあるものをいう」が放置自転車の定義です。
したがって、この条件に当てはまると買い物で利用した自転車も放置自転車扱いとなり、場合によっては撤去されてしまうこともあるのが現実です。

2.放置自転車が撤去される理由は
一昔前はみんな普通に道路に自転車を置いていたのに、最近は放置自転車と呼ばれて撤去されてしまうこともあると不満に思っている方も少なくないようです。
ただし、本来道路などの公共の場は、自転車やバイクなどを駐車する場所ではなく、それらは車いすの使用者や目の不自由な方などの走行を妨げる費用に危険な障害物となります。
また、災害時に放置自転車のせいで救急車が通れなくて、人の命に係わる事態を引き起こすこともあります。

3.マンションの敷地内ある放置自転車は道路に出して良い?
放置自転車の被害に逢っても、自転車を道路に出す行為は道路法及び道路交通法に違反するため、そのような行為は絶対にしてはいけません。

04自転車を処分する方法を種類ごとに紹介

自転車を処分する方法を種類ごとに紹介

放置自転車は、道路を塞いで救急車などの邪魔になることもあり、その他にもいろいろなことに対して邪魔になり多くの人に面枠もかけてしまうため、いかなる理由があっても自転車を違法に放置することはしてはいけません。
不要な自転車があれば、以下に紹介する方法でしっかり処分してください。
不要な自転車を処分する方法の1つには粗大ごみで処分する方法があります。自転車は指定のゴミ袋には入らない金属でできている粗大ごみに分類されるため、個別収集か持ち込み処分のいずれかの方法で、各地域のやり方にしたがって処分してください。

自転車を不用品回収業者に依頼して処分してもらう方法もあります。この場合は市区町村のサービスを利用するよりも料金が高くなる可能性が高いですが、自分の手をわずらわせることなく、全てを業者に任せにできるメリットがあります。
自転車販売店でも自転車を処分できる場合があります。買い替えする場合は無料で処分してもらえたり、場合によっては1,000円程度で引き取ってもらえたりすることもあります。
まだ使用できる自転車なら、リサイクルショップなどの買取店を利用したり、誰か欲しい人を探して譲るという方法もあります。

05神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県などで放置自転車処分に対応

横浜を中心に神奈川全域、東京などでも放置自転車の回収や処分を行っています。
江戸時代の後期から開港のまちとして世界の国々と交流する重要な機能を果たしてきたのが港町「横浜」です。
横浜で最も有名な横浜中華街やみなとみらいには、現在でも多くの外国人観光客がやってきて、街の至る所には横浜の歴史を感じられる伝統的な建造物が残されていて、それに魅了されて国内からもたくさんの観光客が連日訪れています。
横浜には他の街にはない独特な雰囲気があり、外国文化と日本文化が上手くミックスしたお洒落感に惹かれて横浜に移住してくる人もたくさんいます。
横浜には魅力的な観光スポットがたくさんありますが、ショッピングやグルメなど、さまざまな楽しみ方ができるエリアが満載です。一日で横浜の全部を回って楽しむことは難しいですが、比較的人気スポットが集中しているので、事前に要所を抑えて行動すれば十分に横浜を満喫できるようになっています。
横浜の魅力として東京から近いことが挙げられます。電車を使って30分程度で行き来できるので、地方から訪れた方は東京と横浜の両方を短期間で楽しむことが可能です。

FAQ一覧

このページの先頭に戻る